薄いピンクのドレスを着ている女性

おっパブとセクキャバ

おっパブ(おっぱいパブ)とセクキャバ(セクシーキャバクラ)…どちらも非常に魅力的な名前ですね。おっぱいが楽しめそうなパブに、セクシーに遊べそうなキャバクラ。最初にどちらからも想像することができるのが、「セクシーな女の人がいそう」そして「お酒を楽しむことができそう」という2点ではないでしょうか。実際におっパブであれセクキャバであれ、お店ごとに遊び方のルールに違いはあるものの、どちらのお店でも体験できる内容はほぼほぼ同じです。なので、どちらの呼び方をしたとしても案内所でもお店でも通じます。

お店を訪れて受付を済ませて料金の支払いを行い、手の消毒やうがいなどをして、そのあと席につきます。席はBOXタイプのお店がほとんどですが、フラットシートタイプのお店もちらほら増えて来ています。お酒は飲み放題がセット料金に含まれていて、ビールや焼酎、酎ハイなどから選ぶことができます。女の子が席に来る前の待ち時間からドリンクを用意してくれる太っ腹なお店も中にはあるので、1時間ぐらい飲み放題になることも…。女の子は、基本的にはノーブラのお店が多く、谷間もガッツリ見えそうなセクシーな衣装がほとんどなので、お酒が入ってほろ酔い気分のところにそれだけセクシーな女性が来たら、ムラムラしてくること間違いありません。おっぱいを揉ませてくれる女の子は多いですが、中には吸うのはNGっていう女の子がいたり、強く揉んでしまうと痛がってそのあと触らせてくれないなんてこともありますので、注意が必要です。